「差別」だとかなんだとか

「差別」だとかなんだとか

ここのところ東京五輪組織委員会会長の森さんの“女性蔑視発言”で色々世間は賑わっていますが、ちょっとそれについて感じる違和感を書こうと思います。

もしよかったら最後まで読んでみてください。

(↓3.「差別」が、どうとか↓ からが重要)

森さんの発言を考える

森さんはもともと古い考えを持っている人で、これまでも色んな失言で世間を賑わわせてきたと思います。

(一応載せます。)

JOC臨時評議員会での発言全文

 これはテレビがあるからやりにくいんだが、女性理事を4割というのは文科省がうるさくいうんですね。だけど女性がたくさん入っている理事会は時間がかかります。これもうちの恥を言いますが、ラグビー協会は今までの倍時間がかる。女性がなんと10人くらいいるのか今、5人か、10人に見えた(笑いが起きる)5人います。  女性っていうのは優れているところですが競争意識が強い。誰か1人が手を挙げると、自分も言わなきゃいけないと思うんでしょうね、それでみんな発言されるんです。結局女性っていうのはそういう、あまりいうと新聞に悪口かかれる、俺がまた悪口言ったとなるけど、女性を必ずしも増やしていく場合は、発言の時間をある程度規制をしておかないとなかなか終わらないから困ると言っていて、誰が言ったかは言いませんけど、そんなこともあります。  私どもの組織委員会にも、女性は何人いますか、7人くらいおられますが、みんなわきまえておられます。みんな競技団体からのご出身で国際的に大きな場所を踏んでおられる方々ばかりです。ですからお話もきちんとした的を得た、そういうのが集約されて非常にわれわれ役立っていますが、欠員があるとすぐ女性を選ぼうということになるわけです。

まずこの発言で問題になる点をあげます。

・「女性」を一括りにしてあたかもすべての「女性」がそうであるかのように言ったこと

・「わきまえる」という言葉が、「女性は能力が低いんだからわきまえるべきだ」という意味なのか、「自分の都合で話が長くなってしまうと迷惑だから、わきまえるのは大事だよね」という意味なのか、よく分からなかったこと。

・権力を有する公的な立場なのに無神経な発言をしてしまったこと(自分にどれほどの影響力があるのかを理解していない)

・五輪組織委員会長であるにも関わらず、「オリンピック憲章」に反する思想を持っているかもしれないと疑われるような発言をしたこと

くらいかと思います。

この発言を日本の某メディアが取り上げて非難し、さらにそれをアメリカの某メディアが取り上げて非難したことで、たくさんのインフルエンサーが「けしからん!」「許せん!」「女性蔑視だ!」「差別だ!」と声をあげ、抗議の声が広がっていきました。

しまいには数百人のオリンピックボランティアの人が辞退を申し出て、首相は会長の辞任について考えを問われるほどの問題へと発展しました。

「時代を前に進めていくため」

最近ではさすがに日本も少しずつは変わろうとしています。いろんなメディアでも、男女同権の社会への話題を毎日のように取り上げています。

次第に多くの人たちの意識も変わり始め、社会の雰囲気も変わってきたように感じます。

アメリカでは初の女性副大統領も誕生し、欧州各国では政府首脳の半分は女性であることが当たり前のようになってきています。

それでも尚、日本の政治・企業・教育では、まだ「女性」に機会が回ってこない現実が多くあります。それは海外から猛烈に非難され続けていることでもあります。

日本でも、もっと女性が性別にとらわれず輝けるようになるためには、強制的に「おとこ」と「おんな」の数を半分にしていくしか手がないのではないか、というのも議論のされつくした上でよく出てくる結論です。

そんな中で、文科省のような公的組織が、半ば強制的な「数合わせ」に邁進することは、自然な流れだと思います。

無論、日本の古い考えを早く無くして、「おとこ」「おんな」で理不尽に機会を奪われることも無く、生きていける世の中を作っていかなければならないはずです。

そんな中で、今回のような時代錯誤な発言は、「老害」と言われても仕方ないし、責められるべきものだと思います。

それに、そんな古い考えを持った人が、オリンピックの会長をやることは、前々から非難されていましたが、やはり不可思議極まりないことなのです。

こういった発言が大きな問題となり、「何も考えていなかった古い考えを持った人」にも、矢のように届いたことは、非常に大きかったのではないかと思います。

署名はこちらから↓
キャンペーン · 女性蔑視発言「女性入る会議は時間かかる」森喜朗会長の処遇の検討および再発防止を求めます #ジェンダー平等をレガシーに · Change.org

「差別」が、どうとか

しかし、今回の騒動には大きな違和感がたくさんあります。

それは、「差別」という言葉がたくさん出てきたことです。

この森さんの発言を受けて、「差別だ!許せない!」と“怒り”、声をあげた人たちが本当にたくさんいました。海外メディアはその象徴です。

しかし、これは「差別」でしょうか?

と問うことほど、無意味なことは無いと思います。そんなの言葉のあやなんですから。正直、これが「差別」か、「差別じゃない」か、なんて、実はどうでもいいはずなのです。

大切なのは、「そんな頭悪そうなこと言う人間がオリンピック委員会の会長なんてやってどないすんねん」、ただそれだけではないでしょうか。

輸入された「差別思想」

海外サッカーでは、アジア人選手に対してつり目の仕草をしたら、「差別」をしたとして出場停止にさせられることがあります。これは非常に欧米的な文化だと僕は思ってきました。サッカーは欧州が世界の中心なので、そういった文化性はスポーツの中にねじ込まれて、普遍的なものに変化します。

日本では昔から、基本はひとつの民族で多神教で島国ということもあり、「差別」という概念が存在しなかったように思います。江戸時代に海外から白人がやってきて「鬼だ!!」と騒いだ日本人に「差別(悪いこと)をしている」という意識があったかというと、どうでしょうか。

この意識が無かったからこそ、日本では海外の人や文化を受け入れるスピードも速かったのではないかと思ったりもします。

「差別(悪いこと)をしている」という意識は、非常に日本的ではなく、海外から輸入されてきた考え方のような気がするのです。

欧米の一神教の中では、どうしても「正しい思想」と「正しくない思想」に分ける文化が発生すると言われています。“差別”という概念はその象徴的な言葉なのかもしれません。

日本やインドのように、多神教の国では、「あの神様はああ言ってるけど、この神様はこう言ってるね~。あらまあステキね~。」的な“曖昧”を愛でる文化が根付いてきました。インドで「カースト」で分けられている人々は、「差別(悪いこと)をしている」という意識があるでしょうか。日本で「士農工商」があった世界では、「差別(悪いこと)をしている」という意識があったでしょうか。

それでも欧米から見れば、こういった制度は、完全に「差別」です。しかし、日本やインドなどの国では、“お家”に縛られてしまうことはあれど、「差別」という概念があったとは思えないのです。

「差別」ってなんやねん

差別が、「根拠なくカテゴライズする」×「優劣をつける」、及びそれによって人を傷つける行為だとすると、

じゃあ例えば、おじさんが若い女の子に

「君はスタイルがいいねぇ~モテるでしょ~」

と言ったとします。これは「差別」でしょうか?

きっと今の時代、これを言うと“怒る”人がいます。このおじさんは、さっきの定義で行くと、「スタイルがいい人」=優、「スタイルが悪い人」=劣、と勝手に決めつけて評価しているので、「差別」をしたということになります。

では、また別のおじさんが、

「俺は人の目を見りゃ、その人がどういう人か分かるんだよ。」

と言ったとします。

では、このおじさんは「差別」をしたのでしょうか?

はい。先ほどの定義でいくと、きっとこの人も「差別」をしたのです。

それでは、あなたは、このおじさんが「差別」をしたくてしていると思いますか?

このおじさんは、「差別主義者」ですか?

私たちの中で、小さい頃から、「差別」という言葉を意識して生きてきた人は、あまりいないのではないでしょうか。それは日本に文化的に「差別」という思想(概念)が、適していないからだと、僕は思います。

しかし、最近では、

「おんなは…」とか「おとこは…」とか、なんとなくカテゴライズしただけで、「差別主義者」と謳われ、非難され、排斥されます。

もうこうなってくると、どっちが「差別主義者」なの?という議論になってきます。こうなってくるのは非常に日本的です。

欧米では、あまりそうはならないのかもしれません。

「差別」って言葉は必要なのか

「差別」というそもそも曖昧で、とんでもなく棘のある概念を使って時代を前に進めていくことに、僕はあまり魅力を感じません。

無論、欧米ではそれが文化的に「適している」のだから、それがいいと僕は思います。

しかし、日本人には、もっとマイルドで、共助的な時代の進め方があるように思えるのです。そしてそれこそが、「ダイバーシティ」の充実と、分断を生まない社会を創っていく気がするのです。

たいして「差別(悪いこと)をしてやる」という意識の無い人に向かって、みんなで一斉に「差別だ!」と放火し、そして、「女は」とか「男は」という言葉を使うことさえも許されない社会を創っていくことが、本当に我々のしたいことなのでしょうか。

そこに、「差別」という曖昧で恐ろしい言葉が必要なのでしょうか。

そんなやり方だと、森会長や、その世代、50代以上の方々が、「なんでそんな息苦しい社会を創るんだよ」と思ってしまうのは、ずいぶん自然な流れだと思うのです。

「昭和思想」は排斥されるべきなのか

私たちは、小さい頃から無意識のうちに、「ジェントルマンな対応」をいいものと教わってきました。

例えば、「レディーファースト」だとかはいい例です。無論これもこれからの時代では「差別」になっていくのでしょう。

日本では、昔から、男性は一過の主、女性は家の守り人、のような思想がありました。勿論、その時代では、女性は理不尽に機会を奪われることも多かったでしょうし、男性も同じく、落ちこぼれた時は女性よりも何倍も強く叱られて罵られることは、当たり前でした。

未だに多いけれど、女の子の父親が、「女の子だから危ない」という理由で、門限を定めるということがあります。勿論、女性の方が危ない目に合う確率は高いのかもしれません。

私の友人にも、親の門限のせいで夜間のバイトをできずに、嘆いている大学生などもいます。

これは「女だから」という理由で、機会が奪われ、不当に扱われている、分かりやすい例です。

でもこの親に「不当に扱っている」という意識があるでしょうか?

むしろ、「女の子はみんなで守っていこう」という意識がそこにあるのではないでしょうか?

では、こういった「昭和の思想」は、「差別」や「女性蔑視」でしか、ないのでしょうか?

一度立ち返って考えてみると、女性は子孫を残すために、非常に重要な役割を果たします。「私たちは皆、母親が腹を痛めて、頑張ってくれたから、生まれてきたんだよ。女性は非常に尊く、男性は女性を守らなければいけない」そう考えるのは、生物としては、ごくごく自然な流れであり、ある種の“父性”だったのではないでしょうか?(そういった世界では子を産めない女性は肩身の狭い思いをしたかもしれません。)

ほんの数十年前まで、「近所のおばちゃんたちが長々とお喋りに耽っている」というのは決まり文句のようなものであったように感じます。

恋人関係でも、「おとこ」は問題解決を求めるのに対し、「おんな」はただ話を聞いてほしいだけ、という傾向を語った理論は今でもよく耳にします。

それが「当たり前」の世界で生きてきた人たちが、今、「差別だ!」と言われ責められています。

取り残された人との付き合い方

先ほども述べたように、時代を前に進めていくためには、今回の文科省のように、半ば強制的に、「おとこ」と「おんな」を半々くらいに数合わせしていくことは、必要区可決だと、何度も言われています。

例えば、大学などは、「おとこ」と「おんな」の合格者を同じ数にするべきだとか、それによって企業や行政にももっと女性の活躍が増えると、言われています。

そうして社会を前に進めていくことは、必要不可欠だという考えには私も賛成です。

しかし、それに反対する「権力者」が今後、本当にたくさんでてくるのは、自然の流れでしょう。

○○省の大臣が、委員会の委員長に、「理事会は“女性”と“男性”を半々にしなさい!」と言ったとします。しかし、委員長は、「今、女性理事は2割しかいないけど、組織では女性も活躍しているし、このままの方が利益も出るからいいんだけど…なんで数を合わせなきゃいけないの?友達の委員会はそれで女性を増やしたら、理事会の長さが2倍になっちゃって困ってるらしいよ。」と言うかもせれません。

勿論ここでは、「女性は話が長いから」という“偏見”が含まれているのかもしれません。これは「勘違い」です。

こんな勘違いをしてしまうのは“アホ”です。

私たちは誰だって、「勘違い」はします。「言い間違い」だってします。それで人を傷つけてしまうことだってあります。

全体を見て、時代を前に進めていくために必要なことに気が付いていない権力者は、「アホ」なのかもしれません。

こういった権力者に対して、「差別だ!」と言うことは、適しているでしょうか?

時代の変化に取り残されてしまった人(ここでいうアホ)と、どう対話をしていくか、こそが、今私たちが考えていくべきことなのではないでしょうか?

「いやいや、女性でも話が短い人はいるし、社会を前に進めていくためには、大事なことだと思いませんか?」と言って、対話をしていってはいけないのでしょうか?

「アホ」をみんなで謝らせて、辞めさせて、そんなことして、一体どんな社会を創っていきたいのでしょうか?

私たちにできること

最近は、「男なら」とか、「女なら」とか、言った瞬間に「許せない」と怒りに震える人が増えてきたように感じます。その多くが「主観的」に物事を言っているだけのように感じます。

決して、男尊女卑を肯定し、「古き良きもの」を残そうと言っているわけではありません。それでも、長く生きてきた人が、どうしてそういう“偏見”があるのか、そういう“偏見”がどうして生まれたのかなどを、考えて、「おかしくない?」と言って、みんなで前に進んでいけばいいんじゃないか、ということです。

そして、そこに「差別」という言葉は必要なのかを、もう一度考えようよ、ということです。

私のお母さんが、もし私に「男の子は本当にハッキリとものを言うんだから。いやだわ。」と言ったとして、そこに「差別(悪いこと)をしてやる」という意識があるでしょうか?

「男なんだからしっかりしろよ」と口を滑らした瞬間に、私は「差別」をし、人を苦しめたことになってしまうのでしょうか。社会に悪い影響をもたらす「老害」になってしまうのでしょうか。

元来、私たちは、「差別」というものを意識化では行っていないのではと思います。

私たちには私たちなりの、「時代の進め方」があるはずです。

『南大樹のLIFE日誌』カテゴリの最新記事