頼むから環境問題に目を向けてくれ

頼むから環境問題に目を向けてくれ

お願いです。

地球環境に、目を向けてください。

地球環境に、興味を持ってください。

今日(2019年11月29日)、世界の2500カ所で、地球環境へ声をあげるデモが、行われました。その多くに、たくさんの若者が、参加しました。

今、どんどん、若者の中に、地球環境問題へ、声をあげる動きが、うねりとなって発生しつつあります。

「地球温暖化が進んでるのは知ってるけど、なんかデモとか参加すんの面倒くさいし、時間もないから無理だしな~」

とか、

「まあ、とはいっても、できることって、ペットボトル買わないとか、服を買いすぎないとか、ゴミ袋を貰わないとか、それぐらいしかなくない?」

って、思う人も、たくさんいると思います。

何を隠そう、僕がその一人です。

ただ、一人一人の、そういう小さな行動は、とてつもなく大事です。でも、僕らが思うように、実際そんな行動って、小さすぎて、ほとんど影響もなければ、地球温暖化を止めることもできません。

今、実際一番必要なのは、「政策」です。社会的に、構造を変えないと、大きな解決にはなりません。

すると、こう思いませんか?

「いやいや、、それこそ、政府のことで、僕らにできることはないじゃん。」

と。

皆さん、時代は変わっています。

私たちは、「民主主義」の中で、生きています。

政府を動かすのは、「民意」です。「世論」です。

「世論」を大きく動かすことが、なんと、驚くことに、「この記事を見た人だけ」でも、できます。

今は、そんな時代です。

私たちには変える力がある

例えば、100人のフォロワーがいる人が、インスタグラムで、声をあげたとしましょう。それを100人が見ます。その中で、一人でも、何か感じてくれて、拡散してくれたり、便乗してくれる人がいたら、それがまた、そのフォロワーに繋がることになります。フォロワー100人の人が、10人繋げるだけで、1000人が見ます。100人が繋げば、1万人が見ます。1000人が繋げば、10万人が見ます。1万人が繋げば、100万人が見ます。今、私たちは、自分の小さな発信を、いろんな場所にいる、たくさんの人に伝えられる手段を、どんな人でも持っています。

私たちは、今までの時代ではなかった、世界を動かすツールを今、まさに、手に持っているのです。そう!今!貴方が見ているものが、まさにそうです。

「地球環境問題について、発信するだけだったら、口だけになるから嫌だ。」

とか、

「恥ずかしいから嫌だ。」

とか、

「自分はそんな意識高いキャラじゃないから。」

とか、

はっきり言って、

そんなこと言ってる場合じゃないです。

ダサいです!!

地球温暖化は、ほんとに、今すぐに対応していかなきゃいけない、危機的な状況です。

「口だけ」それが、とんでもない力を持つようになったのが、今の時代なんです!!!

いいんです!!「口だけ」で!!

流行に乗っちゃっていいんです。

繋ごう

お願いです。

地球環境問題に、目を向けてください。

やれることをやりましょう。

僕は、SNSでの発信と、絵本作りを始めました。

誰にでもできることが、絶対あります。

お願いです。

頼むから、地球環境に、目を向けてください。

お願いです。

繋いでください。繋ぎましょう。

さあ、

子どもたちの未来に何を残していくか。

※拡散希望

環境系カテゴリの最新記事