歌紹介#4「世の中愛が足りてない」

歌紹介#4「世の中愛が足りてない」

みんなで言おう歌おう

僕は思います。世の中に愛が足りないと。人々は皆自分のことばかり。人を想い、人に想われ、人の心は満たされるはずだ。

表面だけで、物事を判断して、もっと奥に隠れている、美しく人間臭く複雑で時に醜いものたちに、目を向けない。我々は見たくないものから目をそらし、傷つかないように、傷つかないように、自分の生活や自分の「キャラ」や自分の地位や名誉が傷つけられないように、スルリスルリと目を死なせて生きていく。

思いやりや優しさが表面化し、人々の心の奥に届かない、全然届かない。とにかく誰かに認められたいと強く願い、強く欲し、強く生きている。

もっと他人を尊重出来て、もっと他人のために身を滅ぼせたなら、世の中はどんなに平和になるだろうか。

全てが科学技術の発展が原因だとは思わない。なぜなら過去にもっと満たされた時代があったのかなんて分からないからだ。私たちはそこを目指すことができる。それを訴え続けてる人がこの世界に一体何人いるだろう。多くの人には届いていないかもしれないが、本当は届いている人もたくさんいるはずだ。この世界が、もっと愛に満ちる日は来ないだろうが、僕だけは、なんとかそうありたいと、強く思う。

 

Let’s say it together ,sing it together

There’s not enough love

So people become hateful

Everyone wants to be wanted

Everyone wants to be accepted

Don’t blame other people

Let’s just cherish people

Thank you so much for encouraging me

Def Tech 『Irie Got~ありがとうの詩~』

『南大樹のLIFE日誌』カテゴリの最新記事