君は君に絶望していない

君は君に絶望していない

絶望するところがスタート

さて、

よくこんなことを言ってる人がいます。

「私には、何もない…」と。

自分は今まで一生懸命生きてきたけど、やれと言われたことをやってきただけで、今、自分には何も花がない、特技がない、武器がない、と。

まずもって、そんなことはあり得ないんだけど、落ち込んでいると、そんな風に思っちゃうことってありますよね。

そんな自分がイヤになっちゃって、自分はダメだ、と思うこと、ありますよね。

でもね、

僕は、言いたい。

その大半が、「なんとなく」落ち込んでいるだけである、と。

本気で自分をどん底まで見下して、絶望して、苦しんでいる人なんて、まずいないと思います。

「自分に何もない」とふと思っただけで、たいしてそれを重要なことだと思っていない。たいしてそれを深刻なことだと思っていない。これは大変なことであり、もう自分には存在価値がない、と思っていない。

別に僕は、自分を追い込め、自分を苦しめろ、と言いたいわけではないです。みんながここまで病んだら世界はオワルからね。

ただね、これは伝えたい。

何をやるにしても、

本気でやったモノには価値がある。

だからね、

本気で苦しんだ人は、ヤバい。

もう一回言います。

本気で苦しんだ人は、ヤバい。

どうヤバいのかは、その世界に入らないと分からないから、知りたいなら自分で感じに行くしかない。

ほとんどの人が「なんとなく」自分を卑下しています。

そんな人に言います。

君は、全く、絶望なんてしていない。

「なんとなく」自分を卑下している人は、自分の良いところをポジティブシンキングで見つけ出して、自信を持って生きれると思います。よかったね。

それはとても一般的なことであり、美しいことです。

じゃあ本気で苦しんでやる!、と思っても、苦しみたくて苦しめるものではありません。たぶんこれは性格と経験と環境とが合わさらないと、本気で苦しむことはできないんだと思います。

そんな時は、思考を転換して、ポジティブシンキングしてみてください。もしできなければ僕に超気軽に相談してください。

でも、もしも、

何かに本気で絶望したなら、

「趣士村」を覗いてみてください。無料で覗けます。どんどん違う次元に飛び出していきましょう。きっとなかなか面白いと思うよ!

『南大樹のLIFE日誌』カテゴリの最新記事