「感動」の先に広がる新しい世界

「感動」の先に広がる新しい世界

「人に認められたい」でもどうすれば…

たぶんどんな人でも悩むことかなあ。

小さなことで言うと、誰かと話している時に、意見が食い違うことってありますよね。お互いを「理解できない」「許せない」「認められない」「応援できない」そんなことが、もう生きてりゃよくよくありますよね。「上手く友達と話せない」「友達を作るのさえ苦手だ」という人もたくさんいるし、僕自身もよ~く悩むことがあります。この人なんか怖いなあ…とか、苦手だなあ…とか、いますよねそういう人。ただ生きてると、そういう人と協力しなきゃいけない時ってのがあるんですよね…。その時は「もう最悪だ。憂鬱だ。神様のいたずらだ。」とか思っちゃいますよね。

頑なに、「合わない人」「苦手だと思う人」と関わることを避け続けて、生きていくこともやろうと思えば、まあたぶんできます。

でも思いませんか?そういう人と、もし、仲良くなれてしまったら、絶対そっちのほうが楽しいじゃん!なーんて。

社会に出たら、企画をプレゼンして、支持を得なけければいけない時とか、いかれた上司を説得しなきゃいけない時とかありますよね。もっと広く言うと、「人に応援されたい」「人に認めてもらいたい」という時がありますよね。そんな時、一体私たちは何をしたらいいんでしょうか。

しかーしなんと、この世界にはなんでか知らないけれど、「どんな人とも仲良くなれてしまう人」「簡単そうに人から応援されちゃう人」「簡単そうに人から信頼されちゃう人」「簡単そうに人を説得できちゃう人」「簡単そうに人から許されちゃう人」そんな人が、いるんですよね。なんでなんでしょう…。才能?一体その人たちは、何が違うんでしょう…。

僕はそういう人たちが、「才能があるからもともと違うんだ。」とか「何もしてないのにそんなことができる。」とは、思いません。そういった人たちは、必ず「何か」を、うまいことやってるんです。その「何か」は何なのかちょっと考えてみてください。

「何か」の正体はいろいろあるでしょう。

僕が考える「何か」の正体を今日は話そうと思います。

ラグビーW杯が教えてくれたこと

ラグビーW杯、皆さん見ましたか?食わず嫌いで、頑なに見ない人もいますが、いやあ、もったいないですね~。

日本代表、本っっっ当にすごかったですね。史上初のベスト8進出。スコットランドとの試合はとんでもなく、とんでもなかったですね。

五郎丸さんが、日本が南アフリカに負けた後に何度も何度もこんなようなことを言っていました。「日本代表の活躍で、たくさんの言葉では表せない素晴らしいものを私たちにくれて、たくさんのことを教えてくれました。それと同時に、南アフリカ代表が小学校の運動会に参加したり、敗退したはずのカナダ代表や、ナミビア代表が、台風の被害を受けた地域にボランティアに行ったり、本当に素晴らしいものを、日本にもたらしてくれました。それが一番です。」

引用:【キャンプ地・長門市の11日間】カナダ代表チームに「ありがとう」(前編) | ななび (nanavi.jp)

引用:【名珍場面2019】カナダ、釜石泥清掃に後日談 選手が空港で感動「530kmも離れてるのに…」 | THE ANSWER

昨日とある記事を見つけました。戦いを終えたラグビー日本代表が、なんとびっくり、台風被害を受けた地域でボランティアをしている、というではありませんか。勿論ほかにもいろんなことをしてはいるでしょうが、本当に、この大会では、この行動も含め、何度も何度も、我々の想像を、越えていきました。

そして、彼らの努力や、人間性は、日本中の人に認められ、尊敬され、夢を与え、たくさんの子どもがラグビーをし始めました。

さあ、想像を超えて行け!

僕が中学の部活動で最後の試合に敗れ、引退が決まった時、顧問の先生が言った言葉を、僕は、今も覚えています。

「人が感動をするのは、想像を超えられたときです。君たちは、何度も私の想像を超えてくれました。」

人に心から認めてもらうには、応援してもらうためには、その人に「感動」を与えることが大切です。「感動」を与えるためには、その人の「想像」を超えたことを、しなければいけません。

つまり、

相手の能力をしっかりと見極め、何を考えているのか考え、この人がどこまで「想像」できるか、を掴むのです。そして、それを超えていけばいいのです。

例えば、苦手な人との会話で何か傷つくことを言われたり、痛いところを突かれたとしましょう。相手は、こちらがどう返事するかを無意識に想像しますね。それを逆にこちら側は考えるんです。それで、それを超えることをしっかり言い返してやればいいのです。

少年よ。例えば、教室で国語の教科書を読まされる時、クラスメート達は君が普通に文章を読み上げることを無意識に想像します。それを超えて行ってみればいいのです。例えば、めっちゃ高い声で読んでみたり。それをやり終えて先生に注意された後の君の目の先には、間違いなく今まで見たことのないような景色が広がるでしょう。

例えば、プレゼンの時は聞く側がどんなことを想像するかを考えましょう。そして誰も想像しないような発表をしてやればいいのです。企画は通らなくても、貴方を応援してくれる人が、必ず生まれるはずです。

僕は、人と人が永遠に分かり合えないなんてことは、まず無いと思っています。どんなに嫌な人でも、どんなに苦手な人でも、想像を超え続けてやれば、必ず、認めてくれます。それは「結果」でもいいし、「言葉」でもいいし、「想い」でもいいし、何でもいいんです。

大切なのは、

まず、諦めないこと。

そして、相手の想像の範囲を考えること。

最後に、「想像を超えることをする」勇気を振り絞ることです。

簡単に人に認められちゃう人は、これを知っているだけです。あえて「才能」という言葉を使うのならば、「これに早く気付く才能」を持っていただけです。これを小さなことから、ずーっと繰り返しやり続けているだけなのです。

さあ、明日から、少しずつ、相手の想像を超えてみましょう。

間違いなく、

今まで見たことない景色が目の前に広がるはずです。

『南大樹のLIFE日誌』カテゴリの最新記事