難しい言葉を使わないで

難しい言葉を使わないで

みんな。ほんとに外出しないで。ほんとに。みんなで協力しよう。ほんとに。お願い。こんばんは。なんくんです。

今日は、コロナの混乱の中で見えた、「日本の不思議」についてです。

ここのところ毎日のように、政府や自治体長の会見や、専門家会議などが、テレビやSNSで配信されています。その中でみんなとっても重要なことを言っています。でも、あんまり「ヤバさ」が伝わりません。なぜでしょう。

勉強するほど見えなくなるもとの世界

勉強をしていると、どんどんどんどん難しい単語に触れる機会が増えていきます。すると、難しい言葉で喋るのが、勉強している証拠みたいになってきます。難しい単語を知ると、より分かりやすく、細かく、物事を表現できるようになります。

僕はその中で、大切だと思うことがあります。

それは、「難しい言葉も理解できるように勉強すること。そして、簡単な言葉でちゃんと表現できるようになること。」

勉強したからと言って、難しい単語を使ってしまうのは、逆に能力が低いと僕は思っています。

全世代のよりたくさんの人に伝えたいことがあるならば、「一部の人にだけ伝わる言葉」を使うのと、「みんなが理解できる言葉」を使うの、果たしてどちらが賢いでしょうか。

単語だけじゃなくて文脈も同じです。日本語はとても不思議です。公の場面で喋る時に難しい言葉を使う文化があります。簡単な言葉を使っていると、頭が悪いと思われたり、不敬だと思われてしまう謎の文化があるように思います。僕はこれが不思議でなりません。終戦の天皇のメッセージを日本人のほとんどが理解できなかったのも、この文化ですね。(皇族に関しては例外的なところもあるが。)日本語はとても美しいですが、美しさを気にしてる場合じゃない時もあるはずです。

そして、最近、コロナの影響で、会見を多くの人が見たり、専門家の話を多くの人が聞いたりする機会が急増しました。首相も、都知事も、「外出を自粛してください」と訴えています。とっても大事なことを訴えています。でもなぜか、何が言いたいのか、よくわからないことが多い。その理由は、「伝えたいこと」以外の説明が多すぎるのと、言葉と文脈が「難しい」からです。小学生が聞いてもなんも伝わらないでしょう。なんなんでしょうかこの文化は。

「日本語のあほさ」です。

「難しい言葉を理解できる能力」はより多くのことを深く学ぶためにとても大切です。

でも、「難しい言葉を簡単な言葉で表現できる能力」と、「伝えたいことを端的にはっきり言う能力」は、それ以上に大切なんです。

これをたくさんの日本人(特に専門家とか官僚)は分かってないことが多い。イメージや見栄えを意識しすぎている。今そんなこともうどうでもいいんです。

「松岡修造になれ!」ということなんです。

今必要なのは、「説明」ではなくて、「想い」なんです。ほんとにヤバいということを伝えたいなら、泣きながらでも、「頼むから自粛してほしい。頼むから。みんなで力を合わせれば、絶対乗り越えられるから。日本人には、その力があるから。私たちは、それができるから。みんな、ほんとに、お願いだよ。」って訴えなきゃ。それだけでいいんだよ。こういう状況で求められるのは、冷静に考えて、熱く伝えられるリーダーシップです。そこに、「難しい言葉」も「難しい前置き」もいらないのです。

若い人たちは、これから、どんどん勉強して、難しい言葉もどんどん学んでいくでしょう。でも、どうか、それをかみ砕いて言える能力も、忘れないでください。

大人の方々は、「不敬だとかプライドだとかが、どうでもいい時」ってのがあることを忘れないでほしいです。

リーダーは、「冷静に考える」だけじゃダメだってことを覚えておきましょう。時に「想いを相手の心にストレートに伝える力」が必要なことを忘れないでください。

そして、本当に皆さん気を付けましょう。協力しましょう。志村けんさんが、伝えたかったことを考えましょう。私たちは、もともと強く協力する「結」の力を持っている日本人です。隣の家の人を気にしましょう。友人を気にしましょう。助けを求めましょう。今は、プライドとかはいらない。ふんばれ日本。我慢しろ。我慢しろ。必ず晴れる。

社会系カテゴリの最新記事