隠す爪はあるか

隠す爪はあるか

能ある鷹は爪を隠す

「能ある鷹は爪を隠す」ということわざがあります。

突然ですが、質問です。

あなたはどれだけ爪を隠せていますか?

まず、そもそも人と話している時や、何かをしている時に、「あ、自分爪を隠してるわ」と感じることってありますか?僕は毎日のようにそんなことを感じています。

ちょっと振り返ってみてください。自分に隠すだけの「爪」が、ありますか?

有能な鷹は、キレッキレの鋭い「爪」を普段は隠しています。いざという時にその「爪」を見せ、力を発揮するのです。

「マウントを取る」という言葉もありますが、自分のあるだけの「爪」をやすやすと全部見せてしまう人が世の中にはたくさんいます。見せびらかしてしまう人が世の中にはたくさんいるのです。これは、自分の手札を全部自分から見せてしまっているようなもんです。

大切なのは、「秘密兵器」を持っていることです。逆転に次ぐ逆転に向けて、「秘密兵器」をいくつか持っておかなければいけません。

もし、隠す爪がないならば、勉強しましょう。練習しましょう。努力しましょう。そして、スキルを作っていきましょう。

勉強することを避けてきたけれど、知っておくと「秘密兵器」になり得る分野が、必ずあるはずです。その分野を考えてみましょう。

「秘密兵器」を持ってる人をどんなに攻めても、攻めれば攻めるほど、反撃を受けてしまう。人間の深みはその「秘密兵器」によって生まれます。

「爪」「スキル」「秘密兵器」は、決して、知識や技術だけとは限りません。経験や挫折、人との繋がりや視野の広さ、受容力に思いやり、人への関心の深さや記憶力の良さ、などなどいろんなものがあると思います。

皆さん、「秘密兵器」を増やしていきませんか?

爪を隠せる鷹になりませんか?

よし、勉強をし続けましょう。

そしてキレッキレの「爪」をいくつも手に入れましょう。

そして、それはいざという時のために、決して見せびらかしたりなどせず、隠しておきましょう。

簡単に見せびらかす(手札を見せる)やつほど、後半に弱いものはいません。

「やられたらやりかえす!倍返しだ!」ができる人になろう!

『南大樹のLIFE日誌』カテゴリの最新記事