『南大樹のLIFE日誌』

 「あなたは生きているだけでどれだけ素敵か」を想いながら文章を綴っています。若輩者ですが、「言葉」の守破離を繰り返しながら集めて「文脈」の宝庫を作っています。ゆっくりと「言葉」の奥にある「文脈」を味わいながら読んでみてください。

1 11