生きていく

生きていく

トップ画像引用:ほぼ日「生きているのはなぜだろう」より

なぜ成人を祝うのだろう

今日は成人の日でした。全国各地で成人式が行われ、僕の知り合いも沢山の人が成人に。おめでとうございます。

僕は、成人式という謎の行事をして、成人になった~と言って喜ぶ意味がいまいち分かりませんでした。だからなんなんだ、と思っていました。別に成人式をやったからと言って、たいして何も変わらないでしょう。

でも、成人の儀式というのは、何千年も前からあるのです。一体なぜなのでしょうか。そんな昔からずっとあるっていうことは、そこには必ず意味があるはずですよね。そこで、成人になる儀式をわざわざやる意味を、僕なりに考えてみました。

勿論そこには様々な意味が、存在するのだとは思います。その中でも僕が一番感じるものについて書きます。

生きているということ

僕たちが、「普通」だと思っていること。その最たるものが、「生きている」ということです。「一日を生き抜く」ということです。僕たちは、一日を生き切るのを「普通」のことだと思っています。

世の中には、このように、「普通」という言葉が存在します。でも、僕は疑問に思います。「普通」ができることは、凄いことじゃないのか?

『僕らは奇跡でできている』というドラマが以前放送されていました。その中で、周りから「普通じゃない」「普通のことができない」と言われ続けて生きてきた主人公が、こんなセリフを言います。

「誰でもできることは、できても凄くないんですか?」

このドラマは、先生を目指す人、心理の仕事をしたい人、お母さんになりたい人、お父さんになりたい人、学校が苦手だった人、人と同じように生きれない人、「普通じゃない」という言葉に苦しんできた人、毎日自分だけ違うと苦しんで生きている人、いろんな人に、見てほしいです。見るべきドラマです。とても大事なことを、教えてくれます。今、Amazon Primeで見れるので、是非見てください。どんな机上の勉強よりも、価値があるかもしれませんよ。

と、話はそれましたが、「普通」をできることは、実はとても、凄いことであり、尊いことであり、奇跡的なことなんではないでしょうか。

毎日、一生懸命、生きていますね。いろんなことぶつかって、苦しんで、苦しんで、笑って、笑って、怒って喜んで悲しんで、寂しい思いもたくさんして、生きて生きて生きてきました。あなたが何歳であろうと、これは、本当に、凄いことであり、尊いことであり、凄いことであり、凄いことであり、奇跡的なことなんですよね。

生きる』
谷川俊太郎

生きているということ
いま生きているということ
それはのどがかわくということ
木もれ陽がまぶしいということ
ふっとあるメロディを思い出すということ
くしゃみをすること
あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ
それはミニスカート
それはプラネタリウム
それはヨハン・シュトラウス
それはピカソ
それはアルプス
すべての美しいものに出会うということ
そして
かくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ
いま生きているということ
泣けるということ
笑えるということ
怒れるということ
自由ということ

生きているということ
いま生きているということ
いま遠くで犬が吠えるということ
いま地球が廻っているということ
いまどこかで産声があがるということ
いまどこかで兵士が傷つくということ
いまぶらんこがゆれているということ
いまいまが過ぎてゆくこと

生きているということ
いま生きているということ
鳥ははばたくということ
海はとどろくということ
かたつむりは這うということ
人は愛するということ
あなたの手のぬくもり
いのちということ

全て、「普通」と言われることかもしれません。でも、それが「生きる」なんだと言っています。そして、そんな一つ一つの、「生きる」がとんでもなく凄いことであり、尊いことであり、奇跡的なことなんだということを、思い出すこと、それを20年も積み重ねてきたということ、これは、本当に凄いんだっていうこと、これを祝うのが成人式なんですよね。

そしてもう一つ、『3年B組金八先生』の主人公坂本金八のセリフでこういうものがあります。

「生きるというのは人に何かをもらうこと。生きていくというのはそれを返していくこと」

生まれてからの20年は、特に人に支えられその中で生きれてきた期間です。それを返していくのが、これからもまた「生きていく」ということなのだと。

凄いです。20年も頑張って生きるということ。

さあ、明日からどう生きるか。

「生きる」ということはどういうことなのか、その意味と凄さを感じ、祝い、明日から、どう生きていくのかを問う、成人式の意味はそこにあるのではないかと僕は思います。

『南大樹のLIFE日誌』カテゴリの最新記事